Loners Online Store

Loners Online Store
オープン致しました。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 2016年05月14日のつぶやき | main | 2016年05月17日のつぶやき >>
半世紀の揚げワンタン
皆様こんばんは。

先日のLONERS、
わざわざご来場頂いた方々、本当にありがとうございました!

実店舗を閉めてから早2年ほどでしょうか、
それ以来不定期で直前の告知にも関わらず
毎回どの会場にも友人や店舗時代のお客様がご来場下さってありがたい限りです。

先日、FaceBookが面倒臭い、みたいな事を書いたら
お世話になっている方が
「100の良いね!より一度会って話した方が全然良いね!」みたいな連絡を下さって
上手い事言うなあと思っていたのですがその通り。自分自身ももう少し能動的にならなければと。

ご来場頂いた方がブログの更新が減って寂しいですよ、なんて言って下さったので
リップサービスを真に受けてたまには更新しようかと思い立った次第です。

あ、そうそう、忘れないうちに↓

3月くらいにブログで書いた探偵業の件ですが
無事に被疑者確保致しました。
ご協力下さった方々、ありがとうございました。
個別にもご連絡差し上げましたが
もしご連絡が漏れている方がいらっしゃったら申し訳ございません。
この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

SITの捜査能力なめんなよ笑 
覚えていらっしゃる方も少ないと思いますが
こちらの件は10月くらいに発表させて頂きます。




閑話休題



子供の頃、親に頻繁に連れて行ってもらった中華料理屋があります。
仮にS食堂としましょう。このS食堂が最近になって妙に懐かしくなり
行ってみたところ健在で、当時良く選んでいた(ような気がする)S食堂特製ライスを注文。
記憶と違わず、特ライス(当時こう略していた)は
豚肉に片栗粉をまぶして揚げたような(パイコー飯にのっているやつ)ものと
タマネギや人参の炒めものをご飯の上にのせた料理で、
そうそう、これこれ!と心躍らせながら口に運んでみると、

あれ?普通だ。

そんな筈は無い、もう一口食べて「美味い!」と言いたいのに、美味しい...けど...普通。

餃子はどうだ?

美味しい...けど唸る程ではない。

[40年前には洋食もやっていたんです]のキャッチコピーに誘われてカレーも食す。
同じく美味しい、けど人にわざわざ話すほどでは無いかもしれないような気もしなくはない。

満腹になったにも関わらず、美味い!!の一言が言いたくて
最後に追加した創業当時から続く揚げワンタン、願いを込めて口に含むも、美味しい...うん、くらい。

基本的に何を食べても歓喜する自分が
腹を空かせて食しているにも関わらず、美味い!!の感覚が来ない。

思い出補正が邪魔をしているだけなのかもしれませんが。

いや、全部美味しいんですよ、本当に。
しかも今年で創業53年!笑点を上回る歴史は伊達では無い筈です。

私の感想はどうでも良いとして
どこの街にでも一軒はありそうな小さな食堂、とりわけ特徴のないS食堂が
押し寄せる外食チェーンの脅威にさらされながらも存続している50年を
私なりに考察してみたのですが、恐らくこの『普通』が貴重なのではないかと。

外食チェーンに偏見も無いし、どこでも利用しますが
記憶に残るものは全て濃い味傾向、美味しいけど毎日は食べられないなと。

このS食堂はヘルシーかどうかはわかりませんが、優しい味。
そして特筆すべきはスタッフの皆さんの感じの良さ、
営業的で無く、人の良さが滲み出ているほのぼのする接客でした。

ちなみに当時から印象的だった店員さんの一人で、
なんとか拳法の師範代でもある方は今でもいらっしゃって、
話しかけたら私の事を覚えていて非常に驚きました。

ここまでには山も谷もあったことでしょうし、
奇をてらったメニューで一発当てたくなった事もあったかもしれませんが
自身にとって当たり前の事を当たり前にやり続けた結果がこの50年なのではないかと。


昔、私が住んでいた街の最寄り駅のガード下に、入るといらっしゃいませの代わりに
「おかえりなさい」とごま塩あたまのオヤジさんが声をかけてくれる
お世辞にも綺麗とは言えない和田屋という食堂があり贔屓にさせてもらっていました。

10年程前に賃貸関連の情報誌の企画で、沿線沿いに店を構える店主に街の印象を聞く、
という取材を受けた際、リレー形式で誰かを紹介してくれとの流れだったので、
和田屋のオヤジさんを紹介したら
「うちはここで商売して40年(正確には忘れましたが)になるけど一度も取材を受けた事は無い。
  でも、俺ももう歳でもうじき店を閉めようかと思ってるし、
  あの洋服屋の兄ちゃんの紹介なら後ろ姿だけなら撮って良いぞ」と承諾してくれたらしく
発売された本をみたら不自然に背を向けるオヤジさんの後ろ姿から
照れが滲み出ているように見えて、一人ほくそ笑んだ事を思い出しました。

個人店の存在意義が問われる昨今、
内容はもちろんですがやはり最終的には人なのかもしれません。

こんな流れでオンラインストアの商品紹介も無粋なので、皆様ご自由に
是非LONERSオンラインストアをご覧になって下さい笑


それでは、また!















 
| 21.Essay | 01:41 | comments(0) | - |
コメント
コメントする