Loners Online Store

Loners Online Store
オープン致しました。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 2015年02月25日のつぶやき | main | 2015.2.28 LONERS 徒然中記 >>
10年ぶりの幸福
皆様こんばんは。

そんなに不幸だった訳でもなく
その昔、お世話になったバイク屋さんのお話。
イギリスのビンテージバイクを中心に取り扱う老舗
”幸福商会”に約10年ぶりにお邪魔しました。

今から30年前に中国製オートバイ"幸福号"の
正規取扱店として本牧で開業した幸福商会。
ライブバーを併設した桜木町の"Ace Classics"を経て
約10年前に葉山に移転。以来、ご無沙汰していました。

おつき合いのきっかけは20数年前、
1967年式トラアンフ・ボンネヴィルをこちらで購入した事に始まり、
AceClassicsにバンドとして出演させて頂いたりもしていました。

そのバイクのグリップの感触やエンジンの振動を
今でもはっきり覚えていて、たまに夢に出て来ます。

オーナーのNさんは白髪こそ増えたものの
変わらずにお元気で、作るバイクもさらに格好良い。

納車を控えたサンダーバードの
整備を中断して頂き、すっかり話し込んでしまいました。

車離れが顕著ならば手のかかるビンテージバイクなど尚の事、
物を売る事の難しさ、旧い物にしかない魅力について、話は尽きません。

私が幸福商会でバイクを購入した時、オーナーNさんは今の私とほぼ同じ年。
「俺もいつまで出来るかわかんねーからなぁ...」とすっかり職人の顔で遠くを見つめるNさんに
光陰矢の如しの言葉と、自分自身が人生の後半戦に入った事を実感し感慨深くなる一日でした。

そしてなによりも、非常にバイクが欲しくなりましたね。

日常に何かしらのキックが欲しい方、
 是非、幸福商会へ行ってみて下さい。ワクワクします。
一見、オーナーは取っ付きにくい方ですが(失礼)本当は凄く良い人です。

若人は携帯の通信費を支払いにあてて無茶なローンを組み、
格好良いバイクでネット上にはないリアルな景色を見に行きましょう。
歳食ってからじゃ出来ないぞ。




Nさん、稼いでトライデントチョッパー買いに行きます!

それでは、また!





 
| 15.Motorcycle.Bicycle | 00:38 | comments(0) | - |
コメント
コメントする