Loners Online Store

Loners Online Store
オープン致しました。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 2014.9.3 LONERS 徒然中記 | main | 2014年09月3日のつぶやき >>
眠れぬ夜に振り返るドバイの日々 Part.2
皆様こんばんは。

すでに眠いのですが昨日の続きを。

表向きのゴージャスさに辟易とした私は、
一般市民が普通の暮らしをしているもっと人間臭い街角を求め、
翌日の早朝、高層ビル群に背を向けて歩き始めました。

横断歩道が無い大通りを命がけで横切り
裏へ裏へ進んで行くと10分も歩かないうちに↓



砂漠です。

舗装されていない所は基本的に砂漠。土は見かけません。
こんな所にあんなでっかいもの建てて大丈夫なんでしょうか。
サソリを警戒していたのですが出会いませんでした。
居ないんですかね?しましまのトカゲは見かけました。

後日聞いた話ではこの辺りの動植物は毒性を持ち合わせている種が多く
むやみに触らない方が良いようです。タフな環境で生き延びる特性ですね。


ばらまかれたトランプにドラマを感じ思わずシャッターをきりました。
ですがカジノはありませんし、それどころかお酒も買えません。


スクールバスの往来が多かったのでこの建物は学校だと思います。




恐らく一般市民の平均的な住まいです。
平屋でクリーム色が基調でした。
質素な見た目ですがさすがにどのご家庭もエアコン完備。

ここまで来ると観光客はおろか、アラブ系以外の人種を全く見かけません。
中心街の雰囲気とは明らかに異なるぶしつけでギラギラした視線を感じますが、
声をかけて来る人も少なく、なんとなく謙虚な雰囲気の人が多かった気がします。
宗教的な理由もあるのかもしれません。女性は行かない方が良いと思いますが。




生活雑貨屋さん。

食材や洗剤等の日用品を扱っています。
何も買わずに出ようとしたらアイスを頂いてしまいました。


さらに進むと、この辺りの人々の生活を支えているのであろう商店街に出ました。
ディスプレーもイスラミック。色合いが素敵でした。


一番盛り上がったポイント。古着屋です。


ここも。どうやらYUKAIというのが
ユーズドウエアを指すようなのですが、定かではありません。



店内はこんな感じ。
意外だったのは地元の人々の不要品ではなくアメリカからの輸入品。
とは言え良い物は全くありません。ちなみにTシャツ1枚が5ディルハム、日本円で約¥150でした。

この辺はドバイに出張されている日本人でも知らない情報だと思います。
ま、ドバイまで行ってこんなとこ行く人いないでしょうけど笑


帰りに見かけた公園。全体が砂場です笑
暑いので誰も遊んでません。寂しい光景でした。

そんな訳でまだ続きます。お暇な時にお楽しみ頂ければ。

それでは、また!














 
| 27.Trip | 22:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする